スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
わたしまけましたわ。

いやー、マジンプロスパーとね。
馬の力もありますが、ジョッキーの手腕が光ったレースだったように思います。
4角で早目に仕掛け先頭に立ち、内内をロス無く回る好騎乗。
一方ガルボは垂れてきた馬に前を塞がれたせいか、4角手前で口を割るシーンがありました。
この時点でガルボは消えた・・・とがっくりしてたんですが
それでも5着まで頑張ってくれました。サンカルロはさすがでしたね。
今年は内枠1頭しか絡まないし、アーリントンといいなんだか傾向ブレイカーな年になりそうだなー。
枠連5通りとサンカルロ軸の1,2枠4頭流しの3連複6通り計1100円負け。

中山記念の時点で軍資金が600円しか残っておらず、
ブログに書いた4頭の3連複4点とフェデラリストの単勝200円買いました。
レースは想定通りシルポートが逃げてフィイフスペトルが番手、そしてリアルインパクトが続く展開。
が、重馬場で1000m通過58.7のペースにもかかわらず、シルポ君の脚色が衰えない。
直線向いてもシルポートが7馬身くらい他馬を突き放していて
「こ れ は や ば い」
と愕然としていたのですが、フェデラリストがロケットのようにどかーんと伸びて
ゴール直前で差し切り勝ち。助かったーと思いました(笑)600円→1280円に。
しかし、他の馬は一体どうしちゃったんでしょうね。
トゥザグローリーは、池江調教師が
 パドックで苦戦を覚悟した、おとなしすぎて連敗していた時と似た雰囲気
と語っています。コメント見る前は公開調教?なんて思ったりしていたのですが、
これはまずいのでは…ドバイどうなっちゃうのかしら。
あっちは暑いから、夏負けするトゥザグローリーは向かないと個人的には思っているんですが。

そして今回から始まったWIN5のコーナー、まさかの的中1つでした(苦笑)
本人も「始めた途端にこれとは・・・全然さっぱりあかんかったやんけワレ」と言うとります。
いつもは2,3レースは的中していて、1レースしか当たらなかったのは初めてだそう。
5レース中3レースが4番人気だったので、本命党には厳しい日でしたね。
まぁでも、懲りずに予想は続けていくと思います。

なんだか、最近ほんとに単複しか当たりません(泣)ワイドすら危ういかんじ。
どかんと当てるにはやはり3連複とかじゃないと厳しいわけですが、どうも波が引き潮なんだなぁ。
しばらくはあまり欲を出さず、単勝狙い(ただし旨みのあるオッズ)で行こうと思います。
来週は弥生賞、チューリップ賞、オーシャンS、中日新聞杯と重賞目白押し。
調教チェックが大変になりそうですが、勝ち馬検討頑張ります!
スポンサーサイト
競馬 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。