スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1着 ○スノーフェアリー
2着 ▲アヴェンチュラ
3着 △アパパネ

馬連、三連複GETです!
いやー、やっと的中報告することが出来てよかったです。
しかし、いざ購入しようとブログで買い目を確認したとき
「買い目は◎○▲の馬連、◎○-▲△と○▲-△への三連複にしようかな。」
と書いていたのを見て、なんかおかしいと気付きました。

◎○-▲△と○▲-△って、要は○-◎▲-△じゃね?

そしたら○と◎逆につけるべきじゃん・・・ねぇ(汗)
改めて自分の馬鹿っぷりを実感したのでした。
ちなみに相方君も馬連・三連複ともにゲット!しかしWIN5は残念ながらWIN4どまりでした(><)

さてレースの内容ですが、想定していた通り前め有利の展開になって上位馬はほぼ先行の馬でしたが、
やっぱり突っ込んでくるかー、スノーフェアリー。
レース前半はまさかの大逃げをうったシンメイフジに気を取られ、
後半はアパちゃんに目が釘付けだったので、妖精ちゃんがどういう位置取りにいるのか全然注目しておらず、
ゴール手前で突然スノーフェアリーが飛び出てきたときは
「!?」
とただただびっくりして絶句してしまいました。ワープしたんかいな、と。
その後、レースリプレイで彼女の肉食獣のような末脚を確認して
ああ、これが世界の壁かぁ・・・と、今年も思ったのでした。
着差は去年ほどではありませんでしたが、今年の方がローテが厳しかったし、
展開も差し馬には向かないものだっただけに、今年の方が吃驚したかも。
馬券は獲ったけど、なんとなく完敗した気分・・・

てか、ダンシングレインは何故逃げなかったのよ。逃げられなかったのか?んもー
シンメイフジの腹をくくった逃げにもびっくりしました。1000m57,5て。
なんだかエリザベス女王杯は毎年面白いレースになりますね。ポルトフィーノとか、特にポル(ry

いやしかし、途中までは夢を見たよ、アパパネちゃん。
エリ女

ほんとに、本当に良く頑張ったと思います。
ファンファーレ後のキッとした目つき、ゲート入りのゴネ、ゲートかじかじの一連の流れを見て
今回は行けるかも!と思ったのですが、想像した以上に強い走りを見せてくれました。
やはり彼女は間違いなくスーパー牝馬です!
アパ蹴り 上半身が妙に安定した尻っぱね

牡馬と違い、牝馬は一度惨敗するとその後は成績が急降下してしまい
なかなか立て直せるものではないんだそうです。
前回の惨敗もあるし、中間の出来も良い時と比べるとイマイチだし、適正距離ではないし・・・
子を見守る親のような気分というんでしょうかね、ここ1週間は不安で胸がいっぱいでした。
だから、負けはしたけど嬉しかったし、心底ホッとしました。
サンテミリオンは立て直せない側になってしまったのかなぁ。
この後は香港マイルに行くなんて話もありますが、どうなるんでしょうかね。
環境が変わった方がピリッとしていいみたいなので、いい話なのかなとも思うけど、
十分頑張ったからもうお母さんになってもいいんじゃないかな・・・とも思う。複雑。
まあ、やっぱりG1で錦を飾って引退が理想ですけどね。贅沢ですね。

武蔵野ステークスは1着のナムラタイタンを買い目に入れておらずハズレ。
最終的な買い目ではタイタン以外全部入っていたので、悔しさもひとしお。
まー、1着入れてない時点でダメダメなんですが・・・
とりあえずトータルでプラス収支になったので今週は良しとしましょう!


↓ポチしてもらえると励みになります♪
にほんブログ村 競馬ブログ 女性競馬ファンへ
スポンサーサイト
競馬 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
的中お祝いに来たよ
おはようございます。いい目覚めでしょう?(笑)
アパパネちゃん頑張りましたね♪♪♪

わたしは買うならアパパネかホエール、と
迷って結局決めきれなかったんで
回避はやむなしとあきらめとります。
まあ損得勘定なくいろんな馬の動き見るのも
また楽し。
武蔵野は残念だったけど、切り替えて
今週も頑張ろうね。
お祝いありがと(笑)
馬券的中もさることながら、
アパちゃんが復活してくれたのが一番うれしいです♪

アパパネと捕鯨ちゃんで迷ってたんですね。
結果的に3,4着に来たから、複勝買いとしては
素晴らしい狙いどころだったのでは。
結局はG1勝ちのある馬の123で決まり
天皇賞秋とは真逆の、ある意味G1らしい決着ですねv-34

今週は競馬ができるかどうかわからないのですが、
予想だけは頑張ってやっていこうと思ってますv-221

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。